施術

マツエクサロンに行くとき知っておきたい施術の流れとカウンセリング内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マツエク(まつ毛エクステンション)は施術を受けている側は、目元でどのようなことが起きているか観察することはできません。
サロンのスタッフにお任せ状態で、具体的にどのような手順でマツエクがされているか知らないという人もいるでしょう。
そこで、ここではマツエクの方法や技術、ポイントについてまとめていきます。

マツエクの施術の流れ、ご存じですか?

マツエクの手順 施術の流れ

マツエクは以下の手順で施術が行われます。

  1.  クレンジング
  2.  プレケア
  3.  ナノプロテクションクリーム
  4.  目元シート
  5.  サージカルテープ
  6.  プレパレーション(クリーナー)
  7.  ドライラッシュ
  8.  装着
  9.  コーミング
  10.  装着チェック
  11.  コーティング
  12.  仕上げ

 このように、12の工程があります。この施術の流れにについて、より詳しく見てみましょう。

1. クレンジング

施術前はコットンなどでメイクを落としますメイクをしている場合に、メイクを落とすクレンジングを最初に行います。
少しでもメイクが残っていると、マツエクがうまく装着できなくなるので、このクレンジングは非常に大事です。

瞼(まぶた)部分にはコットンにクレンジングを取って、しばらく目元に乗せた後力をかけないように拭き取ります。
細かく丁寧にメイクを落とすのがポイントとなります。

2. プレケア

プレケアはマツエクを装着していく前に、お肌をきれいにしていくケアのことを指します。
水を含んだコットンでまつ毛や目元全体をきれいにしていきます。
下まつ毛と上まつ毛の生え際に関してもきれいにします。

3. ナノプロテクションクリーム

有害物質から瞼を守るために行うステップです。
クリームを綿棒に適量つけ、上瞼とまつ毛の生え際に塗ります。
同じようにして下瞼と下まつ毛にも塗布します。
白いクリームが透明になるまで馴染ませて、塗布完了となります。

4. 目元シート

マツエクの目元シート目元シートをつけておくことで、マツエクによるお肌のトラブルを回避できます。

下まつ毛の生え際から5ミリほど離して装着します。
この後のサージカルテープによる負担を軽減するためにも必要な行程となります。

5. サージカルテープ

サージカルテープにも種類があり、使い分けながらシワや空気を入れないようにきれいに貼っていきます。
目頭や目尻にきちんと貼っておくことでマツエクの際の肌トラブルを回避できます。

6. プレパレーション

不純物を除去して、よりマツエクを美しく仕上げるために必要となります。
綿棒にプレパレーションを付けて地まつ毛のみに付けるようにします。

7. ドライラッシュ

目元の水分を飛ばしていく作業になります。
水分が残っていると装着に影響を及ぼすので、ここで水分をしっかり飛ばします。
ブロアーで乾かしながらまつ毛をコームでとかします。

8. 装着

まつ毛エクステンションの装着装着は、マツエクにおいて最も大事なポイント。スタッフの技術力が求められます。

デザインのバランスや持続性などが異なります。
1本ずつまつ毛をつけていくので、集中力も必要となります。

9. コーミング

装着が完了したら、1本ずつきちんと付いているかを確認します。
コームでとかしながら、仕上がりをチェックします。

10. 装着チェック

1本ずつ装着を確認して、根元が浮いていないか、毛同士が絡んでいないか、デザインは完成しているかといった点について最後の確認を行います。

11. コーティング

小指でマツエクを押さえながら適量を塗布します。
コーティングが乾いてしまう前にコームで梳いてブロアでしっかり乾かします。

12. 仕上げ

マツエクの施術前(左)と施術後(右)はこれだけ違いがハッキリ

テープを外して、仕上げのコーミングをして終了です。

目元という繊細な部位を扱う施術であるという点と、仕上がりをより美しく要望通りにするためにもスタッフの技術力が求められることがわかります。

納得のいく仕上がりのために丁寧なカウンセリングは必須

マツエクは細かな行程を順に踏んで、自まつ毛との違いがわからないぐらいのマツエクに仕上げます。
その際に、いきなり説明もなく施術に入るのは不安ですし、初めてマツエクに挑戦する場合には施術の流れもわかりません。
そこで、施術に入る前のカウンセリングはとにかく丁寧に行うことが大切です。
カウンセリングにおいては、以下の点をきちんと確認してください。

1 施術者の紹介 11 妊娠の確認
2 お客様の情報確認 12 ブライダルを控えているかどうか
3 トラブルや病気の有無 13  個人情報保護法
4 マツエクの経験について 14 デザイン
5 アレルギーの有無 15 施術の流れ
6 コンタクトレンズやメガネの使用について 16 目や瞼、まつ毛の構造
7 患ったことのある、または現在患っている病気があるかどうか 17 マツエクのメリット、デメリットを説明
8 整形の有無 18 人工毛やグルーなど材料の説明
9 パッチテストの流れについて 19 アフターケア、 トラブルが発生した場合の対処法
10 まつ毛パーマの有無と経過期間 20 料金の確認

カウンセリングにおいては、このようなポイントを並べて1つずつきちんと確認をしていきたいですね。
無事にマツエクの装着を完了させるためにも、カウンセリングは細かく行われなければいけません。
丁寧に確認を行うことは必須ですが、カウンセリングにばかり時間をかけていても実際の施術に移ることができません。
そのため、カウンセリングは確認すべき点を短時間でチェックするようにしましょう。

カウンセリングはマツエクの施術にとって最も大事な過程です

さらに、マツエク初心者にとってもわかりやすい説明を心がけるのも、サロンのスタッフとしては大切なことです。
ヒアリングをしながらその人の要望に合ったデザインを施術してくれるスタッフでないと、マツエクをする意味がありません。
カウンセリングとは必要なことを確認して、安心して施術に進むためのものと言えます。

技術力だけでなく、いかに説明できるか

マツエクは細かな手順を踏んで、施術が行われます。専用の道具を使うだけでなく、細かな作業になるのでスタッフの技術力も求められます。
さらに、カウンセリングにおいては、お客さんが納得し、施術に入れるようにしないといけません。
スタッフの技術力だけでなく、いかにお客さんに説明をできるか、安心して施術に進んでもらえるかが重要になります。
マツエクは目元での作業なので、トラブルが起きることもあります。トラブルを起こさないためにも、慎重な施術が必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。