マツエク

マツエクの施術にはどんな資格が必要? 取得できる団体は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

まつ毛エクステ(マツエク)は地まつ毛に人工毛を装着していくという施術ですが、誰でも適当に施術をできるわけではありません。
きちんと資格を持った人しか施術を行うことはできないものです。
美容院なら美容師資格を持った人が働いていますが、ではまつ毛エクステではどんな資格が必要になるのでしょうか?

マツエクの施術を行うための資格とは?

まつ毛エクステに必要な資格とは

まつ毛エクステの施術を行うにあたって必要な資格は、まずは美容師の資格を持っていないといけません。これは「美容師法」という法律によって決められています。
まつ毛エクステに関するトラブルが頻発しているため、きちんとした資格を保持していないと施術をできないとしています。

マツエクに関する資格を取得できる団体は?さらに、まつ毛エクステの施術の際には、美容師資格とは別にマツエクの団体が実施している民間資格を取ったほうがいい場合もあります。
実際にマツエクの団体や協会がいくつかの資格試験を実施しており、これを受験して合格することでマツエクの施術を行うことができます。
資格内容は少しずつ異なるので、自分に合った資格を選んで取ったほうがいいでしょう。

そこでどのような団体がマツエクの資格試験を実施しているのか紹介します。

一般社団法人日本アイリスト協会(JEA)

マツエクや目元のケアを専門として資格試験を実施しているJEAからは、3つの級の資格があります。

3級のJEAベーシックライセンスでは、施術には当たれないもののマツエクに関する相談には受け答えできるという資格内容です。

次の2級になると、JEAスタンダードライセンスという名称がついており、美容師資格が必要です。

最後の1級はJEAプロフェッショナルライセンスとなり、実際にマツエクのサロンでお客さんに対して施術が可能となります。

このように級ごとにできるようになる範囲が異なっています。

一般社団法人日本まつげエクステンション協会(JLA)

JLAによるマツエクの資格は、安全技術士という認定試験を受けることから始まります。
この時点で美容師免許が必要なことも知っておきましょう。

その後、認定機構3級、認定機構2級、認定機構1級と進んでいきます。
より高度な技術を求められるようになるため、1級を無事取得した後は、マツエクの施術が可能です。

一般社団法人NEA日本まつげエクステ協会

ここの協会ではプロアイリスト3級から始まり、すでにマツエクの施術ができる人に向けた試験内容になっています。
よって、マツエクの資格を初めて取りたいという人には受験できない資格となっているので注意しましょう。

3級から始まり、2級、1級と続き、最後にプロアイリスト認定講師というレベルまで揃っています。

より高度で繊細な技術を身につけたいと考える人にとっては、このプロアイリスト認定講師の資格取得を目標とするとよいでしょう。
マツエクを施術する者としてより技術と知識を深めたい、そんな人にはぴったりの資格と言えます。

まつ毛エクステの資格は様々です

このように、マツエクの資格も協会がそれぞれ実施していることを考えると、内容や取得できる資格名称が異なっています。
マツエクに初めて挑戦したいと考えている人や、すでにサロンで施術にあたっているがより高度な技術を身につけたいと考えている人など、同じマツエクに関わる人でも様々です。

そのため、マツエクに関する協会や団体にはどんな種類があるのか、それぞれが実施している資格の内容はどういったものかといった点をきちんと確認しておくことが大切です。

マツエクの資格、取得するにはどれぐらいの費用がかかる?

マツエクの資格は協会によってさまざまな種類があり、取得できる資格内容も異なります。
そこで気になってくるのが、資格を無事取得するまでにどれぐらいの費用がかかるのかという点。
ここでは資格取得までにかかる費用の相場をチェックしてみましょう。

  • 独学の場合
  • スクール・通信教育の場合
  • 資格を取得するには?

独学の場合

まず、独学の場合は参考書を購入する費用と、実際の資格試験に支払う費用が発生します。
参考書を何冊用意するかによって準備段階での費用は異なりますが、1冊平均2000円以内となっている参考書が多いでしょう。

マツエクの資格を独学で取得する場合は?また、資格の受験費用に関しては、平均10000円~20000円ほどとなっています。

受験費用も決して安いわけでないので、自分が取得したいと思っている資格にはどれぐらいの受験費用が必要なのか、事前にきちんと確認しておきたいですね。

スクール・通信教育の場合

マツエクの資格取得は独学以外に、スクールや通信教育を受けて勉強するという方法もあります。

スクールや通信教育でマツエクの勉強をするとなると、独学よりもまとまった費用が必要です。
スクールによって費用には差がありますが、数万円はかかると見ておきましょう。その分資格を無事取得できるように、効率よく勉強を進められるのは事実です。

資格を取得するには?

マツエクを独学で勉強するか、スクールや通信講座を利用して取得を目指すのか、自分に合った方法を選ぶことが大切です。
そして、無事にマツエクの資格を取得するまでにはそれなりの時間もかかります。
マツエクに関する知識をしっかり身につけて試験に挑まなければいけないので、資格取得のための勉強にはそれなりの時間を要するのです。

そのため、早め早めに資格取得に向けて動き出すようにしましょう。
試験がいつ実施されるかという日程を確認し、そこから遡ってしっかりと勉強をする時間を確保してください。

資格取得のためには事前準備を!

マツエク資格の取得には事前準備が必要ですまつ毛エクステは誰でも適当に施術を行えるわけではありません。近年のまつ毛エクステによるトラブルを予防するために、今では美容師資格が必要になりました。

美容師資格を取得した上で、まつ毛エクステの資格取得に進められるという流れになっています。
そのまつ毛エクステに関する資格の試験も団体や協会によって数種類実施されています。
少しずつ資格内容が違うことや費用、日程などを比較しながら、より自分の目的に合った資格を選びましょう。

そして、一人前のマツエク施術者となるために、1つ1つの知識をしっかり身につけていきたいですね。
そのためにもマツエクの資格にはどんな種類があるのか、取得するにあたってすべきことなどをまとめておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。