マツエクが長持ちしない4つの理由と施術者が注意すべきポイント

マツエクは一度施術を受けたら少しでも長持ちさせたいと願う人が多いですよね。
一度の施術で1万円前後の料金を支払っているわけですから、すぐに取れてしまうのは困ります。

この点については施術者も細心の注意を払って施術を行わなければいけません。施術者の責任になってしまう部分が多いからです。

そこで、マツエクを長持ちさせるために施術者が注意すべきことについてまとめました。

なぜマツエクの持ちが悪くなるの?

マツエクの施術を受けたお客さんの中には、すぐにマツエクが取れてしまったと訴える人もいます。
原因としては、自宅でのセルフケアが悪かっただけでなく、施術者の技術力によるものも大きいですね。

マツエクの持ちが悪くなる原因には、以下のようなものがあります。

  • 前処理が雑
  • グルーの硬化速度
  • 接着面のクオリティ
  • マツエクの太さや長さが適切でない

前処理が雑

マツエクを装着していく前に、丁寧な前処理が必要です。
目元の油分を落としたり、マツエクがきちんと付くようにケアしないといけません。

この前処理が雑だと、その後のマツエクがきちんと付いてくれません。
前処理はきちんとマツエクを付けるためにも欠かせないのです。

グルーの硬化速度

マツエクはグルーという接着剤を使って付けていきます。
グルーの硬化速度は、お店の温度や湿度、クーラーや暖房器具などによって大きく左右されますよね。

グルーにもさまざまな種類があり、たったの2秒で硬化するものもあれば5秒以上かかるものもあります。
このグルーの硬化速度に応じて、施術者はマツエクを付けていかなければいけません。

グルーが早く固まるのにマツエクを付けるのに時間がかかっていると、その間にグルーは乾いてしまいます。
その結果、取れやすくなり長持ちしないという事態を招きます。

接着面のクオリティ

自まつ毛の生え際とマツエクの重なる部分を「接着面」と言います。
ここに的確にグルーをつけて乾かさないと、しばらくしてマツエクが取れてしまうというトラブルが起こります。
そのため、施術者は細かな部分にしっかりと装着できるように、技術力を高めていく必要があるのです。

マツエクの太さや長さが適切でない

選んだマツエクの太さや長さがその人には合っていなかったために、マツエクの持ちが悪くなるというケースもあります。

人によって自まつ毛の量や状態は異なり、それぞれに合うマツエクの太さや長さも違います。
これはカウンセリング不足、つまり施術者の責任となってしまいます。
そのため、マツエクがすぐに取れてしまう原因がこの点にあるのなら、施術者として再度勉強をし直しましょう。

このようにマツエクの持ちが悪くなってしまう原因には、生活環境や施術者の技術力によるものが大きいと言えます。

マツエクを長持ちさせるために施術者がすべきこと

マツエクは少しでもきれいな状態を長持ちさせたいと思いますよね。
そこで、施術者はどんなことに注意すれば良いのかを解説します。

  • スピーディーかつ的確に施術ができるようにする
  • カウンセリングを丁寧に行ってお客さんに合ったマツエクを提案する

スピーディーかつ的確に施術ができるようにする

施術者がゆっくり施術しているとその間にグルーが乾いてしまう、という問題があると説明しましたが、そのため施術者はスピーディーかつ的確にマツエクの施術ができるようにしないといけません。

グルーが乾いてしまうまで数秒しかないので、その間に付けるべき場所に的確にマツエクを付ける必要があります。

施術者は実際の施術を行うにあたって、スピーディーでありながら正しくマツエクを装着できるように日々練習を重ねておきたいですね。

カウンセリングを丁寧に行ってお客さんに合ったマツエクを提案する

マツエクをするにあたって、お客さん一人ひとり目元の状態は異なります。

目の形やまぶたの状況、どんなマツエクが合っているかなどは一人ずつ違います。
そこで、施術者は事前にカウンセリングを丁寧に行って、お客さんにぴったりなマツエクのデザインや本数、付け方を提案する必要があります。

カウンセリングの際にはどんなデザインがあるのか、本数の相場について、どのようにマツエクを装着していくのかといった細かい部分もきちんとお客さんに説明するようにしましょう。
そうすることでお客さんも安心できますし、施術者としてもきちんと施術に当たることができます。

お客さんにメンテナンスの説明も忘れずに

マツエクを少しでも長持ちさせるには、施術者の技術力が必須です。
そして、きれいな状態をより維持するには、お客さんにもマツエクのメンテナンス方法についてアドバイスを忘れないようにしましょう。

毎日の洗顔やメイク落としはどのようにすれば良いか、目をこすらないように注意すること、メイクの際にはどんなことに注意すれば良いのかといった内容を、きちんと伝えておきましょう。

そうすればお客さんもマツエクを長持ちさせるために自分でできることをやってみようという気持ちになります。
施術者は自分の技術力を常に高めることを意識しながら、お客さんに寄り添って的確なアドバイスをすることも求められるのです。

施術者はお客さんへの施術が終わった後もお店に残って、マツエクの練習を重ねるという日々を過ごすこともあります。
そのような経験を重ねていって一人前のマツエク施術者となれるので、練習を続けながら少しでもお客さんに満足してもらえるような施術ができるように成長していきたいですね。

マツエクは丁寧な施術が満足につながります!

マツエクの持ちを少しでも長くするためには、施術者が注意すべきことがいくつかあります。
お客さんの目元に施術を行うので細心の注意を払いながら行っていることと思いますが、それだけでなくグルーの硬化速度と施術スピード、接着面のクオリティなど気をつけたいです。

同時に、お客さんにはマツエクのメンテナンスの方法をアドバイスしたり、自分自身は練習を怠らずに確かな技術力を身につけるようにしましょう。

施術をいつも丁寧に確実に行っているとお客さんにも満足してもらえて、自分の評価にもつながっていきます。
マツエクの施術者としてやっていくためにも、知識と技術力の両方を養っていってくださいね。

マツエクの施術に必要な資格を通信教育で取得する方法とは?

まつ毛エクステを施術するために必要な資格には、様々なものがあります。
そのなかで、マツエクの資格が効率よく取得できるとされている通信教育についてどんな種類があるのかご紹介します。

マツエクの施術に必要な資格とは?

マツエクの施術を行うには、資格が必要です。
何の資格も持たずに施術に当たっていると法律違反となります。
そこで、マツエクの施術に必要な資格を紹介しましょう。

  • 美容師免許
  • マツエクの専門知識に関する資格

美容師免許

マツエクなのに美容師免許?と思う方もいるかもしれません。しかしマツエクの施術者にとって美容師免許が必須となっています。
開業する場合だけでなく、サロンに勤める場合にも美容師免許は必要です。
マツエクに関する健康被害が頻発していることから、美容師免許が必須になったのです。

マツエクの専門知識に関する資格

マツエクの専門知識に関する資格を取得していると、より深い知識を得ることができ、お客さんにも施術内容に満足してもらえるでしょう。
マツエクの資格はいくつか実施している協会があり、1つにとどまりません。

  1. まつ毛エクステンション技能検定試験(日本アイリスト協会)
  2. アイスタイリスト資格検定試験(一般社団法人日本アイラッシュ美容協会)
  3. プロアイリスト検定(一般社団法人NEA日本まつげエクステ協会)
  4. アイデザイナー技能検定(日本まつげエクステンション協会)

といった資格があります。
実施している協会によって資格名が異なり、級の分け方も少しずつ違いがあります。
基礎知識を得たい場合の資格やより上を目指したい人のための資格など、ランクがあるのも特徴です。

マツエクの資格は通信講座でも取得できる

マツエクの資格は検定試験もいくつかあり、実施される期間や内容、資格名など違いがあります。
どの資格試験を受けるにあたっても勉強は必須であり、独学かスクールに通うか通信講座を選択するかといった方法があります。
その中でも通信講座についてご説明しましょう。

マツエクの資格を取得するための通信講座も今ではしっかり揃うようになり、スクールに通うことなく自宅で自分のペースで勉強ができます。
その通信講座も会社がいくつかあり、講座によって内容にも違いがあるので、自分が取得したいと思っている資格にぴったりな通信講座を選ばないといけません。

マツエクの資格は技術も必要なので、自分で実技の練習をしておきたいですね。
そこで、マツエクの通信講座にはテキストやCDだけでなく、マツエクに必要なグルーやテープ、エクステなどの道具もセットでついている場合が多いです。

また、通信講座によってはレベルも記載されています。
基礎を抑えたい講座や、基礎から発展まで、幅広く扱っているものもあります。
どの資格試験を受けるかによって講座のレベルを選ぶ必要があるので理解しておきましょう。

最終的には通信講座の評判やわかりやすさ、自分の求めている資格に合っているかを吟味してぴったりなものを選びましょう。

マツエク資格の通信講座にはどんなものがある?

マツエクの資格を取って施術を行いたいという場合、通信講座なら自宅で自分のペースで勉強ができるので、仕事や家事に忙しい人も安心です。
しかし、通信講座にもいろんな会社があり、マツエクの資格講座がある通信講座もいくつか存在します。

  • ケイコとマナブ
  • 日本パーツビューティーアカデミー
  • フォーラルスクール

ケイコとマナブ

通信講座を調べていると一度は耳にするのが、『ケイコとマナブ』でしょう。
『ケイコとマナブ』ではメイクやネイル、エステなどと美容に関するさまざまな講座を用意しています。

美容に関する講座が豊富なので、一人ひとりに合ったコースを見つけることができます。
初めて『ケイコとマナブ』を利用する際には、事前に資料請求をしてどんな講座内容なのか、費用はいくらぐらいかかるのかなど下調べができます。

日本パーツビューティーアカデミー

マツエクの認定講師の資格が取得できる講座です。マツエクに関する講座を用意しているので、マツエクを極めたい人にはぴったりです。

通信講座なので空いた時間に勉強できますし、プロの技術を身につけることができます。
本格的にマツエクを職業としたい人には向いている通信講座と言えます。

フォーラルスクール

『フォーラルスクール』でもマツエクの資格講座が揃っています。
マンツーマン指導があるので、プロの技術を間近で見ることができ、実際の施術に関しての知識を得られます。

通信講座に申し込むと、「パーフェクトキット」と呼ばれるものが届くようになっており、さっそくマツエクの勉強を始めることができます。

検定に対応しているテキストとなっているため、短期間で効率よくマツエクに関する勉強が実践できるでしょう。
就職や開業、転職なども100%サポートしてくれるので、無事に資格を取得した後の点についても安心できます。

マツエクだけでなく美容師やネイル、エステなど美容関連の講座が充実している通信講座は、美容に強いとも言えるのでどんな講座内容なのかといったこともチェックしてみましょう。

自分に合った勉強法を探しましょう!

まつ毛エクステは資格にも種類があり、自分が目標とするマツエクの内容によってふさわしい資格が異なります。
資格にどんな種類があるのかを知り、勉強する手段としては通信講座もあることを知っておきましょう。通信講座なら日頃忙しく動いている人でも自分の都合に合わせて勉強ができます。

通信講座によっても特徴や費用、内容などが異なるため、効率よく資格を取得するためにはしっかり吟味して選びましょう。
マツエクには美容師の資格も必須なので、どの資格から順に取得するのか計画を立てておくとよいでしょう。
マツエクを本業とし、しっかり施術に当たるためにも、信頼できる通信講座を見つけて勉強していってください。

マツエクサロンに加湿器が欠かせない理由と正しい使い方とは?

乾燥の季節は加湿器を上手に活用しようと言われますが、加湿器は風邪などの予防をしてくれるだけではありません。
マツエク(まつ毛エクステンション)においても加湿器は必須アイテムとなっています。

特にマツエクの施術を行うサロンでは、加湿器は必ず常備しておきたいですね。
なぜマツエクのサロンを経営するにあたって加湿器は必要なのでしょうか?
その理由と正しい使い方について解説します。

なぜマツエクのサロン経営で加湿器が必要?

マツエクのサロンを経営するにあたって、必要な備品があります。
必要な道具から椅子や棚、テーブルなどの家具など用意するものはたくさんありますが、その1つとして加湿器も忘れてはいけません。

空気が乾燥するから? 風邪予防? と思ってしまいますが、なぜマツエクサロンで加湿器が必要なのでしょうか?
その理由には以下の点が挙げられます。

  • 施術スピードが落ちてしまうから
  • サロン内をクリーンにするため

施術スピードが落ちてしまうから

マツエクサロンではマツエクを何本も装着していきます。
マツエクをしっかり固定するために使用するのがグルーですが、サロン内の空気が乾燥しているときちんと機能しないとトラブルが出てきてしまいます。
装着できていないのに乾燥によってグルーだけ乾いてしまうという事態が起きます。

このような状態を繰り返していると、いつもより施術スピードが遅くなり効率も悪くなります。
サロンに来てくれたお客さんにも長時間の施術に耐えてもらうことになってしまいますし、体は疲れてしまいます。
このように乾燥によってマツエクサロンは大きなダメージを受けてしまうのです。

効率が悪くなることからサロンの利益にも支障をきたすようになるので、マツエクサロンにおいて空気の乾燥は絶対に避けたいこと。
そのため、サロンには加湿器が必須とされているのです。

サロン内をクリーンにするため

マツエクのサロンというと、決して広い空間ではありません。
こじんまりとまとまっている感じのサロンが多いと思います。
その部屋の中にスタッフ数名とお客さんがいることになるので、風邪やインフルエンザが流行る時期はウイルスが蔓延してしまいます。
このような風邪やインフルエンザから体を守るためにも、マツエクサロンには加湿器を置いておくべきなのです。

スタッフが体調を崩すと施術ができないのでお店の営業にも関わります。
さらに風邪がお客さんに移ってしまっても困ります。
体調管理をしっかり行ってサロン内で快適に過ごすためにも、加湿器は置いておきたいですね。

加湿器を正しく使おう!

加湿器はマツエクサロンになくてはならない大切な存在です。
その加湿器は、機械によって使用方法は異なるものの基本の使い方を知っておかないと逆効果となってしまいます。
ここでは、加湿器の正しい使用方法をおさらいしましょう。

  • 加湿器に入れる水は水道水でOK
  • 加湿器のフィルターも定期的にチェックしよう
  • 使わない時は給水タンクを空にする

加湿器に入れる水は水道水でOK

加湿器は給水をして使用する機械です。
この給水に使う水は、ミネラルウォーターやアルカリイオン水である必要はありません。水道水で十分です。

その代わり、毎日使う前に新しい水を給水して使うようにしましょう。水が清潔でないと加湿器から出てくる湿気も体によくないものとなってしまいます。
水道水でよい代わりに、毎日新鮮なものを給水タンクに入れて使用しましょう。

加湿器のフィルターも定期的にチェックしよう

加湿器といえば「使う前に水を入れてスイッチを押すだけでいいから簡単」と思われがちです。
しかし、定期的に内部のフィルターもチェックしておきたいですね。

このフィルターが汚れていると雑菌が繁殖し、加湿器から出てくる空気が汚れていることになります。
フィルターの様子をまめに確認しながら、汚れていたら取り替える、洗うといったお手入れも加えてみましょう。

使わない時は給水タンクを空にする

加湿器は使っていない時は電源を入れずにそのまま置いている人が多いと思います。
しかし、使わない時には給水タンクの水を空にするように徹底しましょう。

タンクの中に水を入れっぱなしにしていると、そのまま使用した際にカビ菌をサロン内に撒き散らすことになります。
そのため、使っていない時には給水タンクを空にすることを忘れないようにし、使う際にもその都度水は入れ替えるようにしましょう。

このように加湿器は正しく使用しないと効果は得られません。
基本の使い方はどの機器に関しても共通しているので、いつも清潔を心がけながら正しく使うようにしましょう。

マツエクサロン向けの加湿器を紹介します

マツエクのサロン経営には適度な温度と湿度を保つために、加湿器が欠かせません。
その加湿器にもいろんなタイプの商品が登場しています。
ここでは定番というよりは個性的な加湿器を紹介します。

  • RC-KW1401(ドウシシャ)
  • ミニ ディフューザー レモン型(Yidarton)

RC-KW1401(ドウシシャ)

見た目は植木の置物にしか見えないこちらの商品は、実は加湿器です。
超音波式加湿器で、葉っぱの形をしているものがリモコンです。
可愛らしくコンパクトな加湿器であり、インテリアの1つとしても人気があります。
葉っぱ型リモコンは枝に挿せるようになっているので、なくすこともありません。

ミニ ディフューザー レモン型(Yidarton)

レモンの形をした可愛らしいこちらの加湿器も超音波式となっています。
テーブルの上にも置けるほどミニサイズでありながら、大容量となっているので、長時間活用できるのも魅力です。
また、スリープモードや自動電源オフ機能が搭載されており、可愛らしいだけでなくしっかり活躍してくれます。

このように近頃は見た目がおしゃれで可愛らしく、機能性もしっかり備えた加湿器が数多く登場しています。
商品ごとの特徴を抑えながらより自分の環境に合ったものを選んで使いこなせるようにしてみましょう。

マツエクサロンは乾燥を防ぎましょう!

マツエクのサロンにおいてはグルーが乾燥するのを防ぐために、加湿器はなくてはならない存在です。
そんな加湿器は適当に使うのではなく正しい使用方法で使うことによって、カビを予防できます。
面倒に感じてしまう一手間をちゃんと実践して、サロンの中をいつもきれいな空気と快適な温度で保ちたいですね。

加湿器を持つことの大きなメリット

器器は、空気中の乾燥と戦うための完璧な方法です。これは特に寒い季節に当てはまります。空気の乾燥が多すぎると、次のような問題が発生する可能性があります。

  • とかゆみを伴う
  • ドライアイドライアイアイ
  • ドライ鼻腔の
  • 痛み喉の痛み

喘息やアレルギーの症状を悪化させ、風邪やインフルエンザを悪化させる可能性もあります。これらの健康上の問題があるため、自宅や部屋に加湿器を設置することが、空気中の湿度を制御し、乾燥を減らすための最良の方法です。

加湿器を持つことの利点

しかし、それらはあなたの家のためだけではありません。まつげサロンもそれらの恩恵を受けることができます。ここ Azzurroでは、取得する必要がある主な理由をまとめました。

肌をしっとりと保つ肌

寒い季節はが乾燥する傾向があります。肌を乾燥させたくないので、水分を閉じ込めておくために、加湿器があれば効果があります。それらは空気中の水分を増加させ、順番に、これはあなたの肌に吸収されます。荒れた唇にも別れを告げる。

役立ちますこと

鼻づまりを和らげるのに鼻腔が詰まった状態で寝るは負担です。混雑しているときは、就寝前に加湿器をオンにすると、夜もぐっすり眠れます。

いびき

を減らす夜にいびきをかく人は呼吸に問題がある傾向があります。乾燥した空気は、鼻を詰まらせ、喉を腫れさせることにより、いびきを悪化させる可能性があります。加湿器を使用すると、空気の通路が開いて呼吸が楽になります。

インフルエンザ菌拡散を阻止

のする風邪ウイルスは生き残り、乾燥した状態でさらに拡散します。加湿器を使用すると、空気中の水分が増加し、ウイルスが繁殖するのに不利な環境が作成されます。

暖かい家提供します暖かい家

を寒い冬の夜にを楽しむには、暖炉に加湿器を追加します。それはトリックを行います。

あなたの植物

に最適空気中の湿気から恩恵を受けるのはあなただけではなく、あなたの愛する植物でもあります。

まつげサロンにはこのデバイスが必要です

加湿器に加えて、まつげサロンには、建物内の水分レベルのバランスを保つための除湿器も必要です。適切な水分と温度を持つことは、まつ毛の塗布と保持に大いに役立ちます。

まつげのケアについてもっと知るために私たちのサイトを自由に探索してください。私たちは常に、まつ毛の成長を改善し、それらを長期間健康に保つために使用できる便利なヒントでページを更新します。まつげサロンはたくさんありますが、街を代表するまつ毛専門家に勝るものはありません。

ここ アズーロでは、あなたが望むものを正確に手に入れることを確実にします。東京都目黒区碑文谷5丁目サロンで、夢のまつ毛を今すぐ手に入れましょう。