マツエクのデザインは時代で違う! 商材・素材・最新トレンドは?

マツエク(まつ毛エクステンション)は、今ではネイルサロンや美容院と同じように利用する人が増えました。
皆さんの周りでも、マツエクをしている人が多くないですか?

そんなマツエクは毛質やデザインに種類があって、人それぞれ似合うデザインが異なります。
また、昔と今とではデザインの流行にも大きな差があります。
ここではマツエクのデザインについて、今と昔を比較してみます。

マツエクにはどんな種類がある?

マツエクには毛質やカールなど、さまざまな種類があります。
まずは、「毛質」からご紹介します。

マツエクの「毛質」とは?

毛質は3種類ある

マツエクに使われる毛質には、以下の3種類があります。

  • シルク
  • ミンク
  • セーブル

シルクは一番硬くボリューム感を出すことができます。
ミンクは今一番流行っているとも言われている毛質になりナチュラル感を出せます。
3つ目のセーブルは一番柔らかく、つけ心地と持ちが良いという特徴があります。
この3種類の毛質の中から自分の理想とするデザインに合ったものを選んでいきます。

カールにもたくさん種類がある

マツエクは毛質を選んで終わりではなく、カール具合によって仕上がりの印象は大きく変わります。
カールの種類は、主に以下の4種類です。

  • Jカール
  • Cカール
  • Dカール
  • Iカール

なかでも代表的な存在がJカール、Cカール、Dカールです。

Jカールはカール具合が弱く、Dカールになるとカールは強くなります。
一番ナチュラルに仕上がり違和感なく付けられるのはJカールで、ビューラーをしたくらいのカールなのがCカールです。
Dカールになると、しっかりまつ毛が上がった状態をキープできます。

マツエクサロンに行くとデザインについて詳しい説明がありますが、どんな仕上がりにしたいかによっておすすめのカールは異なるので、ご自身の理想をきちんと伝えるようにしましょう。

マツエクのデザイン・今と昔

マツエク昔のデザインは?

マツエクといえば、一昔前まではびっしりマツエクがついていて重みとボリュームのあるデザインが人気でした。
つけまつげからマツエクへシフトしていくときだったということもあり、どうしてもボリュームのあるマツエクが人気を集めていたのです。

まつげで目元に影ができてしまっている、マツエクがバシバシとして気になって手で触ってしまうといったデメリットもあるのが、昔流行ったマツエクです。
マスカラやビューラーをしなくてもばっちり目元が決まるというデザインが、多くの人に選ばれていたのです。

マツエク今のデザインは?

一昔前のマツエクは、ボリュームのある濃いふさふさまつ毛が人気でした。
では、今はどんなものが流行っているのでしょうか?

現代マツエクのデザイン

現在はいかにも“マツエクをつけている”という印象のデザインよりは、ナチュラルな仕上がりが人気となっています。
自然体の眉毛のほうが人気も高いのと同じように、マツエクを付ける際にもナチュラル感が人気となっているのですね。
使用するエクステは細めで、カールもDカールまではいかないJカールやCカールが選ばれています。

マツエクを利用する人も20代から50代などと年齢層が幅広くなっています。
仕上がりがナチュラルな分、初めての人や年配の人にも好評となっているようです。

つけまつげをしっかり付けてマスカラもばっちりしているというよりは、すっぴんになってもきれいで長いまつ毛をキープできるといったテイストの方が人気を集めています。

このように、年によって流行るマツエクのデザインには差がありますが、最終的には自分の好きなデザインを選ぶ人が多くなっています。

マツエクはデザインだけでなく素材や商材も変化している!

マツエクに関して変化してきたのは、デザインのみではありません。
商材や素材など、マツエクに必要なものの質が昔と今とでは大きく変わっています。
そこで、商材と素材について、それぞれの変化を見てみましょう。

  • 商材の変化
  • 素材の変化

商材の変化

マツエクに関する商材は今では数も種類も増えました。マツエクサロンを運営する方は、商材の変化にも常に注目していることでしょう。
商材の中でもグルーの進化やツイーザーやコーム、グルートレイにリムーバーなど、マツエクのサイン必要な道具はどんどん新しく変わっています。

商材が変わることで、より仕上がりが美しくナチュラルになり、施術者も快適に施術を行えるようになっています。
これからもさまざまな商材が登場するはずなので、マツエクサロンのスタッフや経営者は常にマツエク市場に敏感になっておきたいですね。

素材の変化

素材については、以下の2種類に分けられています。

  • 化学繊維系
  • 動物毛

どちらを選択するかで仕上がりが変わるようになりました。日々安全性や耐久性を追求しながら、素材の改良が行われているのも事実です。

また、マツエクを装着する際に使用するグルーについても昔と今では大きく異なります。

マツエクのグルー

一昔前までは粗悪品と呼ばれるグルーが出回っており、目元のトラブルやすぐにマツエクが取れてしまうという問題が生じていました。
しかし、最近のグルーは硬化速度も速く、安全性の高い製品が増えました。その分施術者の技術力も求められるようになったので、マツエクを施術する人にとっては日々勉強ということになるでしょう。

今後はより自然に近くお肌にも安心な素材が登場することと思います。
より多くの人がマツエクに挑戦するようになることも考えられるので、これからもマツエクの世界は進化していくでしょう。

マツエク・デザインの変化には敏感に!

マツエクのデザインは昔と今とで流行に若干の違いはあります。
その年の流行やメイクの内容によってマツエクも変わっていっています。
流行と共に新しいデザインが登場し、それに挑戦する人も増えている中、昔のデザインの方がよかったという人もいます。
そのため、マツエクのデザインに関しては好みによって分かれています。

そんな中で商材や素材は進化をし続けており、昔よりも快適に安全にマツエクがつけられるようになっています。
多くの人が安心して満足できるマツエクにしていくためにも、商材や素材の変化に敏感になり、施術者自身の技術力も高めていきたいところですね。

マツエクの施術にはどんな資格が必要? 取得できる団体は?

まつ毛エクステ(マツエク)は地まつ毛に人工毛を装着していくという施術ですが、誰でも適当に施術をできるわけではありません。
きちんと資格を持った人しか施術を行うことはできないものです。
美容院なら美容師資格を持った人が働いていますが、ではまつ毛エクステではどんな資格が必要になるのでしょうか?

まつ毛エクステに必要な資格とは

まつ毛エクステの施術を行うにあたって必要な資格は、まずは美容師の資格を持っていないといけません。これは「美容師法」という法律によって決められています。
まつ毛エクステに関するトラブルが頻発しているため、きちんとした資格を保持していないと施術をできないとしています。

さらに、まつ毛エクステの施術の際には、美容師資格とは別にマツエクの団体が実施している民間資格を取ったほうがいい場合もあります。
実際にマツエクの団体や協会がいくつかの資格試験を実施しており、これを受験して合格することでマツエクの施術を行うことができます。
資格内容は少しずつ異なるので、自分に合った資格を選んで取ったほうがいいでしょう。

そこでどのような団体がマツエクの資格試験を実施しているのか紹介します。

一般社団法人日本アイリスト協会(JEA)

マツエクや目元のケアを専門として資格試験を実施しているJEAからは、3つの級の資格があります。

3級のJEAベーシックライセンスでは、施術には当たれないもののマツエクに関する相談には受け答えできるという資格内容です。

次の2級になると、JEAスタンダードライセンスという名称がついており、美容師資格が必要です。

最後の1級はJEAプロフェッショナルライセンスとなり、実際にマツエクのサロンでお客さんに対して施術が可能となります。

このように級ごとにできるようになる範囲が異なっています。

一般社団法人日本まつげエクステンション協会(JLA)

JLAによるマツエクの資格は、安全技術士という認定試験を受けることから始まります。
この時点で美容師免許が必要なことも知っておきましょう。

その後、認定機構3級、認定機構2級、認定機構1級と進んでいきます。
より高度な技術を求められるようになるため、1級を無事取得した後は、マツエクの施術が可能です。

一般社団法人NEA日本まつげエクステ協会

ここの協会ではプロアイリスト3級から始まり、すでにマツエクの施術ができる人に向けた試験内容になっています。
よって、マツエクの資格を初めて取りたいという人には受験できない資格となっているので注意しましょう。

3級から始まり、2級、1級と続き、最後にプロアイリスト認定講師というレベルまで揃っています。

より高度で繊細な技術を身につけたいと考える人にとっては、このプロアイリスト認定講師の資格取得を目標とするとよいでしょう。
マツエクを施術する者としてより技術と知識を深めたい、そんな人にはぴったりの資格と言えます。

このように、マツエクの資格も協会がそれぞれ実施していることを考えると、内容や取得できる資格名称が異なっています。
マツエクに初めて挑戦したいと考えている人や、すでにサロンで施術にあたっているがより高度な技術を身につけたいと考えている人など、同じマツエクに関わる人でも様々です。

そのため、マツエクに関する協会や団体にはどんな種類があるのか、それぞれが実施している資格の内容はどういったものかといった点をきちんと確認しておくことが大切です。

マツエクの資格、取得するにはどれぐらいの費用がかかる?

マツエクの資格は協会によってさまざまな種類があり、取得できる資格内容も異なります。
そこで気になってくるのが、資格を無事取得するまでにどれぐらいの費用がかかるのかという点。
ここでは資格取得までにかかる費用の相場をチェックしてみましょう。

  • 独学の場合
  • スクール・通信教育の場合
  • 資格を取得するには?

独学の場合

まず、独学の場合は参考書を購入する費用と、実際の資格試験に支払う費用が発生します。
参考書を何冊用意するかによって準備段階での費用は異なりますが、1冊平均2000円以内となっている参考書が多いでしょう。

また、資格の受験費用に関しては、平均10000円~20000円ほどとなっています。

受験費用も決して安いわけでないので、自分が取得したいと思っている資格にはどれぐらいの受験費用が必要なのか、事前にきちんと確認しておきたいですね。

スクール・通信教育の場合

マツエクの資格取得は独学以外に、スクールや通信教育を受けて勉強するという方法もあります。

スクールや通信教育でマツエクの勉強をするとなると、独学よりもまとまった費用が必要です。
スクールによって費用には差がありますが、数万円はかかると見ておきましょう。その分資格を無事取得できるように、効率よく勉強を進められるのは事実です。

資格を取得するには?

マツエクを独学で勉強するか、スクールや通信講座を利用して取得を目指すのか、自分に合った方法を選ぶことが大切です。
そして、無事にマツエクの資格を取得するまでにはそれなりの時間もかかります。
マツエクに関する知識をしっかり身につけて試験に挑まなければいけないので、資格取得のための勉強にはそれなりの時間を要するのです。

そのため、早め早めに資格取得に向けて動き出すようにしましょう。
試験がいつ実施されるかという日程を確認し、そこから遡ってしっかりと勉強をする時間を確保してください。

資格取得のためには事前準備を!

まつ毛エクステは誰でも適当に施術を行えるわけではありません。近年のまつ毛エクステによるトラブルを予防するために、今では美容師資格が必要になりました。

美容師資格を取得した上で、まつ毛エクステの資格取得に進められるという流れになっています。
そのまつ毛エクステに関する資格の試験も団体や協会によって数種類実施されています。
少しずつ資格内容が違うことや費用、日程などを比較しながら、より自分の目的に合った資格を選びましょう。

そして、一人前のマツエク施術者となるために、1つ1つの知識をしっかり身につけていきたいですね。
そのためにもマツエクの資格にはどんな種類があるのか、取得するにあたってすべきことなどをまとめておくとよいでしょう。

つけまつげをつけ始める理由

美容トレンドは、人気がなければトレンドとは呼ばれません。私たちには、自分自身だけでなく、常に自分のベストを他の人に見せたいという本質的な欲求があることは否定できない事実です。良い第一印象を与えたくない人はいますか?この理由から、美容の達人や専門家は数を増やしてきました。私たちは皆、何らかの形で美しくなりたいと思っています。

目は私たちの全体的な外観を向上させるのに最適な方法です。のぞき見を少し調整すると、すぐに表示されます。多くの美容会社は、アイシャドウ、マスカラ、つけまつげなどの無数の製品であなたの目を際立たせることに力を注いできました。

この記事では、つけまつげやつけまつげに焦点を当てます。 アズーロの まつげサロンは、あなたのゴーへの場所は美しいまつげを取得することです。まつ毛の専門知識で知られる私たちは、あなたの目を確実にポップさせる独自の特別なテクニックでパックをリードし続けます。あなたが偽物を手に入れることに完全に確信していないならば、我々はあなたの考えを変えるためにリストを考え出しました。

つけまつげを着用する理由

すべてのポインターに注意してください。読み終わったら、この美容トレンドを売りに出してもらいます。

朝のインスタントゴージャスな目

数分であなたの外観を刷新するための迅速な方法が必要ですか?偽物はそれを達成するための完璧な方法です。これは、遅れて疲れた目を開けたいときに最適です。塗るのは簡単で、他のアイメイクをする必要はありません。

目立つ魅力的惹きつけ

目が目は、私たちが誰かを見るときに私たちが通常られるものです。偽物には、彼らに焦点を合わせ、あなたを見ている人にとってより魅力的なものにする方法があります。だから、あなたが独身で交流する準備ができているなら、完璧なつけまつげでそれらの目をポップにしてください。

マスカラの優れた代替品

つけまつげを自由に使える場合は、マスカラを簡単に捨てることができます。それらは期限切れにならず、再利用できます(再利用可能なものを購入した場合)。偽物であなたが望むすべてを泣くことができるので、あなたは今「パンダ」の目に別れを告げることができます。

それらのもう1つの優れた点は、クリーンアップです。マスカラをきれいにしたり拭き取ったりすると、残留物を取り除くためだけに肌を引っ張る傾向が高くなります。しかし、偽物の場合は、慎重にそれを取り除き、蓋に残っている接着剤を拭き取ってください。それでおしまい!マスカラを長時間使用すると、自然なまつ毛が弱くなることも知られています。したがって、マスカラを長期間保持したい場合は、偽物に切り替えてください。

強化された顔の特徴

を手に入れよう偽物を身につけるとき、それはあなたの目だけでなくあなたの顔全体に利益をもたらします。目を目立たせることで、より若々しい印象になります。

つけ アズーロに向かい まつ毛があなたに提供できる利点を得るために今日なさい。私たちの専門家チームは、優れたまつ毛サービスを提供する準備ができています。

高品質マツエクのアルチザンラッシュって知ってますか?

一人でも多くのお客様の安心と笑顔の為に

をテーマにfeelではまつ毛1本1本に拘り、業界一美しいまつ毛エクステをご提供出来る様な商品を目指してきました。

現在、テレビなどでも取り上げられている「まつ毛ダニ」と言う顔ダニの一種が話題になっています。

 まつ毛ダニが寄生すると炎症が起き、まつ毛が抜け落ちて、まつ毛本来の目を保護する機能を果たせなくなるという。さらに、目に傷ができたり目がかすんだりするなど、ドライアイのような症状が出るといいます。

その原因としましては幾つかの原因が考えられます。

1まつ毛エクステンションとかコンタクトレンズつけっぱなし

2しっかりお化粧を落とさないで寝てしまって、脂肪がたまってしまう状態

以上の状態になるとまつ毛ダニは増えやすくなります。

1の中のまつげエクステンションの原因としまして、まつ毛エクステが早く取れてしまうと思い目元の洗顔を怠ったりして不衛生になりまつ毛ダニが増えやすくなります。

まつげエクステ業界の重要課題の一つに衛生面の問題があります。まつげエクステ装着後の正しい洗顔方法の難しい目元周辺は、雑菌が繁殖しやすい状態でした。

アルチザンラッシュはそんな衛生面から着目し、原料の段階から抗菌剤を浸透(特殊人工毛)させ装着後も目や粘膜のトラブル要因となる『菌の繁殖』を抑制する抗菌性能を保持し目元のトラブル発生の可能性を減少させることができます。※試験報告書あり

まつげエクステ1本1本に抗菌剤を浸透させ、エクステの内側から外側まで抗菌効果があります。

アルチザンラッシュには、抗菌効果だけではなく自まつげに限りなく近い自然な黒色と上品な艶感・中央部から先端に向けて徐々に細くなる形状で作られていて、しなやかで自然なつけ心地を実現します。

又、エクステ1本1本に根元から3㎜の間に0.1㎜間隔でレーザーを入れることにより、繊細なジョイントホール(=溝)を実現。根元部分が究極なまでに柔らかくしなやかになり【吸い付くような装着感】【接着効果の向上】を実現してどんなグルーにも対応できるエクステになっております。

アイリストの方たちの間違え防止や時間短縮も考え、台紙の一列ごとに【太さ】【カール】【長さ】を記入し使いやすさも追及しています。

現在自分が分かる範囲で、世界中探してもここまで拘っているまつげエクステは存在しません。

抗菌はあってもレーザーがありません。

レーザーがあってもアルチザンラッシュのように細かく正確にレーザーがほれているエクステは見たことがありません。

又、現在は自社のロゴや色々な形でレーザーをほることも可能です。